新着情報

 2016年09月19日 - 「建築物省エネ法に関する講習会」のご案内
〜外皮計算を必要としない仕様基準の解説を中心に〜

省エネルギー基準への適合義務化に向けての
講習会です。

講習会の詳細はこちらから

受講申込書はこちらから

 2016年09月2日 - 「木造住宅の見積りとコストダウンの手法講習会」について

住宅建築に係わる工事費について調査・研究を行っている
(一財)経済調査会主催による講習会です。
業務の効率化を念頭に、利益率の改善に繋がる工事原価の管理やコストダウンの
手法について見積りを通し分かり易く解説する内容。

※「建築士会CPD制度」プログラム認定(6単位)
 「建築CDP情報提供制度」プログラム認定(6単位)
  磁気体の付いたCPDカードをお持ち下さい。(学習履歴申請のため)
※当講習会はCDP登録者のみを対象としたものではありません。

詳細はこちらから

 2016年08月25日 - 「登録基幹技能者の処遇向上助成金について」(厚生労働省 建設労働者確保育成助成金(建設事業主向け))

中小建設事業主や中小建設事業主団体等が、建設労働者の雇用の改善や建設労働者の技能の向上等をはかるための取組みを行った場合に助成を受けることができます。
<登録基幹技能者処遇向上コース(整備助成)>
中小建設事業主が雇用する登録基幹技能者の賃金テーブル又は資格手当を増額改定した場合に助成。

詳細はこちらから

 2016年08月03日 - ちきゅう住宅(特定住宅)団体検査員講習会開催のご案内

日時:平成28年8月25日(木) 13:30〜17:00(予定)
会場:新潟テルサ 3F研修室
   (新潟市中央区鐘木185-18 TEL025-281-1888)

詳細はこちらから

 2016年08月03日 - 技能者の育成に対する助成制度について

■技能検定に合格した従業員に報酬金を支給する仕組みをつくる場合
 (キャリア形成促進助成金・制度導入コース「技能検定合格報奨金制度」)

従業員に技能検定を受検させる計画を作成し技能検定の合格者に報奨金を支給する事業主は、
制度を導入し、かつ雇用する被保険者数に応じた人数の合格者に報奨金を支給した際に助成金を受給できます。
(中小企業の場合50万円)
■従業員に対し、自社内・外で訓練を行う場合(キャリア形成促進助成金)
中小企業が自社内・外で一定の要件を満たす訓練を行う際、訓練経費及び賃金の一部等が助成されます。
※中小企業以外でも対象となる場合あります。
1)企業内OJT(仕事を行いながらの訓練)と教育訓練機関におけるOff-JT(仕事を離れて行う訓練)を組み合わせた訓練【雇用型訓練コース】
2)雇用契約後5年以内で35歳未満の若年労働者に対する訓練や、熟練技能者の指導力強化・技能承継のための訓練、認定職業訓練など、対象者・内容について要件を満たした訓練【重点訓練コース】
3)雇用型訓練コース、重点訓練コース以外の訓練【一般型訓練コース】

 Off-JT実施時賃金助成額
(1人1時間当たり)
経費助成率OJT実施助成額
(1人1時間当たり)
1)800円2/3または1/2700円
2)800円2/3または1/2-
3)400円1/3-

詳細はこちらから

 2016年07月13日 - 板倉構法(落とし込み板壁)の構造と防火性能に関する講習会

 全建連、NPO法人木の建築フォラム、全建総連の共同事業により大臣認定を取得した板倉構法(落とし込み板壁)の構造と外壁の防火性能に関する講習会が開催されます。  板倉構法は、金物を使わない仕口を使用し、2階建て住宅において、準防火地域(床面積500平方メートル以下)、法22条区域(床面積床面積3,000平方メートル以下)の延焼のおそれのある部分の外壁を、木材だけで構成した落とし込み板壁で設計・施工することができます。  また、住宅の火気使用室の内装制限の緩和措置の解説や、構造においては、従来の落とし込み板壁に加えて、より強度の高い「桟付きパネル式板壁」を含めての講習内容となります。

主 催:NPO法人木の建築フォラム、(一社)日本板倉建築協会
日 時:平成28年7月30日 13時00分~18時00分
受 付:12時45分~
会 場:広島工業大学 広島校舎201号室
    広島県広島市中区中島町5−7
内 容:板倉構法の設計と施工、構造と材料、金物を使わない仕口の
    性能、外壁防火性能、桟付きパネル式板壁工法
講 師:安藤邦廣(筑波大学名誉教授)他。
受講料:会員50,000円
    (全建連、木の建築フォラム、全建総連、日本板倉建築協会)
     一般70,000円
申込締切:7月22日(金)
問合せ・申込先:木の建築フォラム事務局
        電話 03−5840−6405

※講習会受講者には、確認申請時に添付するための下記認定書の複写を配付します。
  ・板倉構法の壁倍率認定書・防火性能認定書の複写
  ・長ほぞと込み栓による柱脚接合部の性能試験評定書の複写
  ・桟付パネル式板壁の大臣認定書の複写

 2016年06月09日 - ちきゅう住宅(特定住宅)団体検査員講習会開催のご案内

日時:平成28年7月8日(金) 13:30〜17:00(予定)
会場:愛媛県生活文化センター2階 第一研修室
   (松山市北持田町139-2 TEL 089-934-6600)

詳細はこちらから

 2016年02月08日 - 平成27年度長期優良住宅化リフォーム推進事業シンポジウム  

平成27年度長期優良住宅化リフォーム推進事業のシンポジウムが開催されます。
近年、既存住宅のリフォームについては、合理的に性能向上リフォームを行う工夫や、流通と組み合わせて性能向上リフォームを行う工夫、詳細なインスペクションや、現況性能の確認を前提としてリフォームを行うもの、複数の性能項目を合理的に向上させるものなどの多様な事業者によって取り組まれています。
国土交通省で既存住宅流通・リフォーム市場の活性化に向けた取り組みの一環として実施している「長期優良住宅化リフォーム推進事業」における「提案型」公募でも、こうした取り組みが提案され、平成27年度は10者の提案が採択されました。
今回のシンポジウムは、平成27年4月に公募された「提案型」で採択されたプロジェクトについて報告するほか、今後の「提案型」の公募に向けて期待される方向性等について紹介し、今後の既存住宅流通・リフォーム市場の活性化に向けて活用いただくことを目的として開催されます。

東京会場:平成28年3月16日(水) 13:30~15:30
住宅金融支援機構 すまい・るホール

大阪会場:平成28年3月22日(火) 13:30~15:30
難波御堂筋ホール ホール7

お申し込み等、詳細はこちらから

 2016年01月18日 - ちきゅう住宅検査員講習会の開催  

日時:平成28年2月16日(水) 13:00~17:00(予定)
会場:東京都中央区「建設国保会館」 3F会議室

詳細はこちらから

 2016年01月06日 - 「住宅の取得・改修に関する支援制度等説明会」が開催されます。  

平成27年度補正・28年度当初予算、平成28年度税制や既存住宅の長期優良住宅化に係る認定制度など、最近の住宅の取得・改修に関する制度等の概要についての説明会が開催されます。

詳細はこちらから

 2015年12月21日 - 「フラット35」制度拡充、終了迫る!  

「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」の一環として実施している【フラ
ット35】Sの金利引下げ幅の拡大等が、平成28年1月29日の申込受付分をもっ
て終了します。

フラット35のご案内

 2015年12月03日 - 「第19回エコ電化住宅作品コンテスト」  

中国電力では、「省エネルギー性」「安全性」「快適性」 など
電化住宅の特性を活かした住宅建築作品を
当コンテストを通じてより多くの人に紹介し、
良質な住環境づくりに貢献できればと考えております。

パンフレット

 2015年11月11日 - 第8回全建連建築技能競技大会のお知らせ 

開催概要、課題等が決定しました。
詳細は、こちらから。

 2015年10月21日 - 省エネ住宅ポイントの申請受け付けは終了しました 

省エネ住宅ポイントの発行・予約申請の受付は、10月21日(水)17時をもって、受付を終了しました。

 2015年10月13日 - 省エネ住宅ポイントの実施率の公表について 

平成27年3月10日に受付を開始している省エネ住宅ポイントについては、予算に達し次第終了(遅くとも平成27年11月30日まで)ということになっておりますが、10月9日時点で予算に対する申請の実施率が80%を超えました。
なお、実施率の状況については、 省エネ住宅ポイント事務局のホームページにて確認できます。

 2015年08月10日 - 木材製品調達関係アンケート調査にご協力下さい。 

一般財団法人林業経済研究所では、全国木材組合連合会の事業の一環として、需要者の皆さんに対する円滑な木材の供給という観点から検討をすすめるため、建築事業者の皆様に簡単なアンケートをお願いすることとなりました。
是非、ご協力下さい。

 2015年06月25日 - 足場からの墜落防止措置を強化 

厚生労働省では、足場を安全に使用していただくため、足場に関する墜落防止措置などを定める労働安全衛生規則を改正し、足場からの墜落防止措置を強化しました。平成27年7月1日から施行します。

 2015年01月13日 - 国土交通省「省エネ住宅ポイント制度の概要」  

1.対象期間
平成26年12月27日以降に契約し、着工が契約日以降平成28年3月31日までで、工事の完了が「平成26年度補正予算」成立日以降(2月中旬頃の予定)

2.対象性能要件
【新築】
一般:トップランナー基準相当もしくは一時エネルギー消費量等級5
木造:一次エネルギー消費量等級4、断熱等性能等級4、もしくは省エネ対策等級4
【 リフォーム】
①窓の断熱改修、②外壁、屋根又は床の断熱改修、③設備エコ改修(3種以上) の3つのいずれか及びこれに合わせて実施する所定の工事

3.ポイント数
新築:30万ポイント
リフォーム:工事内容に応じて積算し、最大30万ポイント

4.備考
「完成済購入タイプ」が新設。(資料1:P25参照)

※詳細は資料をご確認ください。
※なお、正式には国会審議を経て平成26年度補正予算成立後に制度として創設されるため、これらの内容に変更があり得ることをご了承下さい。

【資料】
資料1:省エネ住宅ポイントについて(PDF形式)
資料2:省エネ住宅ポイント制度の内容について(PDF形式)
資料3:別添資料集(PDF形式)

 2015年01月09日 - 「住宅金融支援機構のフラット35Sの金利引下げ幅の拡大」  

平成26年12月27日に閣議決定された「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」において「住宅金融支援機構のフラット35Sの金利引下げ幅の拡大等について」が位置づけられました。

参考資料:住宅金融支援機構のフラット35Sの金利引下げ幅の拡大等

 2015年01月08日 - 国土交通省「省エネ住宅ポイント制度及び長期優良住宅化リフォーム推進事業等に関する説明会」  

「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」(平成26年12月27日閣議決定)に盛り込まれた省エネ住宅に関するポイント制度及び長期優良住宅化リフォーム推進事業等について、国土交通省による説明会が全国で開催されます。

【資料】
説明会の詳細等、会場及び申込書(PDF形式)
国土交通省のサイトからお申し込みはこちら(WEB形式)

◆開催日前にインターネット受付が終了している会場につきましては、下記受付窓口までお問い合わせください。
【省エネ住宅ポイント制度及び長期優良住宅化リフォーム推進事業等に関する説明会受付窓口】
受付時間:9:00 ~ 18:00(全日)
TEL:0120-301-920  FAX0120-301-925

 2015年01月07日 - 「ホームビルダー実務向上 Webセミナー2014:第2クール」のご案内」  

NPO法人建築技術支援協会(PSATS:サーツ)が主催する「ホームビルダー実務向上Webセミナー2014」第2クールがスタートしました。テーマは《若手建築家によるリフォーム手法の提案》です。

お問合せ・お申し込みは、こちらから。

 2015年01月05日 - 国土交通省「省エネ住宅に関するポイント制度の実施について」  

平成26年12月27日の経済対策の閣議決定に関して、下記のとおり国土交通省より発表がありました。

平成26年12月27日に閣議決定された「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」において、省エネ住宅に関するポイント制度の実施が位置づけられたところです。
制度内容については、従来の住宅エコポイント等の制度内容を参考に、新築住宅については自ら居住することを要件とするとともに、リフォームについては対象工事の追加・ポイント数の拡充等を行う予定です。
対象期間については、経済対策の閣議決定日以降(平成26年12月27日以降)に契約し、補正予算の成立日以降に工事が完了したものを対象とする予定です。
制度の詳細や説明会の日程については、決まり次第速やかに公表します。
また、本制度の運営を行う事務局については、募集要領等の準備ができ次第、速やかに公募を開始する予定です。

【資料】
省エネ住宅に関するポイント制度の概要(PDF形式)
従来の住宅エコポイント制度等の概要(PDF形式)

お問い合わせ先
国土交通省住宅局住宅生産課
TEL:(03)5253-8111(内線39428 39431)

 2014年11月20日 - 「大型木質構造建築設計者育成 Webセミナー2014」のご案内」  

「公共建築物等木材利用促進法」が施行され4年目、大型木質構造建築物の普及が徐々に進行していますが、技術者不足は僅かしか解消されておりません。本講座を活用され、<大型木質構造建築設計者>の育成やスキルアップにお役立て下さい。

お問合せ・お申し込みは、こちらから。

 2014年11月19日 - 「建築基準法第15条第1項の規程による建築物除去」  

工事部分の床面積が10㎡を超える建築物の除去工事をする場合は届出が必要です。

 2014年11月13日 - 「第18回エコ電化住宅作品コンテスト」  

中国電力では、電化住宅の普及促進を通じて、良質な住環境の形成に寄与することを目的に、1997年度より当コンテストを開催しています。
「省エネルギー性」「安全性」「快適性」「設計自由度」「環境への配慮・調和」といった電化住宅の持つ特性を活かしたオリジナリティあふれる住宅建築作品を募集・紹介し、中国地域における良質な住環境の発展、省エネルギーの推進による低炭素社会の実現に少しでも貢献できればと考えています。

 2014年11月01日 - 「国土交通省からのお知らせ」  

消費税率8%以降で住宅を購入された方へ
「すまい給付金」の申請はお済みですか?

 2014年08月13日 - 「ホームビルダー実務向上Webセミナー2014」のご案内  

リフォームをテーマとして地方の皆様にも場所時間を選ばず最近の住宅供給のトレンドや喫緊の技術情報・課題の解決方法等をお届けする「ホームビルダー実務向上Webセミナー2014」を実施します。 本セミナーは、貴重な時間や旅費等のご負担をかけることなく、リーズナブルな聴講料で何時でも何処でも居ながらにして最新技術情報を修得することが出来ます。

お問合せ・お申し込みは、こちらから。

 2014年04月14日 - 登録建築大工基幹技能者講習会について  

登録建築大工基幹技能者の講習会日程(東京会場)が決定しました。
※地方会場については、決まり次第順次掲載していきます。

 2014年03月10日 - 建築基準法・建設業法の一部改正案が3月7日閣議決定されました  
 2014年02月07日 - 「長期優良住宅化リフォーム推進事業」公募開始のお知らせ  
平成25年度補正予算に盛り込まれた「長期優良住宅化リフォーム推進事業」ついて、 平成26年2月6日の平成25年度補正予算成立を受け、国交省が提案募集を開始することとなりました。
この事業は、インスペクション、性能の向上のためのリフォーム及び適切なメンテナンスによる 住宅ストックの長寿命化を図る優良な取り組みに対し、国がリフォーム工事等の実施に要する費用の一部について支援することにより、 既存住宅ストックの質の向上及び流通促進に向けた市場環境の形成を図るものです。
なお、募集の締め切りは2月28日(金)18時必着となっております。 詳細は、下記にてご確認をお願いいたします。

国土交通省報道発表
事務事業者HP

 2014年01月31日 - 住宅瑕疵担保保険の現場検査手数料と消費税について  
2月1日以降の住宅瑕疵担保保険申込みについては、最終検査日により現場検査手数料に掛かる消費税が異なりますのでご注意下さい。

住宅保証機構㈱(まもりすまい保険)
㈱日本住宅保証検査機構(JIOわが家の保険)

 2014年01月24日 - すまい給付金制度・長期優良住宅化リフォーム推進事業説明会のご案内  
住宅取得に係る「すまい給付金制度」及び住宅ストックの質の向上を図る「長期優良住宅化リフォーム推進事業」について、説明会が開催されます。

●開催期間:平成26年2月5日~3月24日
●開催場所:全国都道府県(53会場)
●詳細情報:国土交通省報道発表及び詳細資料

 2013年10月28日 - 団体自主検査の実施時期及び検査報告について  

『ちきゅう住宅』をご利用されている事業所様へ
『ちきゅう住宅』で保険申込みを行い、第一回検査(基礎配筋工事完了時検査)を自主検査する場合、保険申込後の検査が基本ですが、これまで一部、申込前に検査を実施した物件も受付をしておりました。
これにつき、今後、自主検査は、必ず保険申込後に実施するよう徹底することとなりましたので、周知いただきたくお願い申し上げます。
また、現場検査の結果報告についてもルールが変更され、早期に行うことが必要となりました。
なお、住宅保証機構(株)より、これらに関する重要な通知がありましたので、ご参照下さい。

団体自主検査の実施時期について
現場検査チェックシート等の速やかな報告について
現場検査チェックシートの報告方法

2013年08月08日 - 「被災者の住宅再建に係る給付措置」について 
「東日本大震災による被災者の住宅再建に係る給付措置についての自由民主党・公明党の合意」(平成25年8月7日、以下「与党合意」という。)を受け、東日本大震災による被災者の住宅再建に係る給付措置(以下、「住まいの復興給付金」という。)について、復興庁よりその内容が発表されました。詳細は、こちらから。
○消費税率引上げに伴う住宅取得に係る対応の周知について
○制度説明会スケジュール
○制度概要パンフレット
2013年08月01日 - 「すまい給付金」簡易シミュレーション」 
すまい給付金は、消費税率引き上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために導入を予定している制度です。消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円給付することとしています。
この給付金額をネット上で簡易的に計算(シミュレーション)できるサイトが公開されました。
2013年08月01日 - 「ちきゅう住宅検査員」講習会のご案内 
日時:平成25年9月3日(火) 開場12:45 開演13:00
会場:東京都中央区「建設国保会館」会議室
2013年07月26日 - 「住宅の環境性能~断熱性能・省エネからゼロ・エネルギー化~」講習会 
日時:平成25年9月18日(水) 開場13:00 開演13:30
会場:東京都中央区「建設国保会館」6F大会議室
2013年07月25日 - 「消費税引き上げに伴う税制措置及び給付措置」説明会のご案内 
消費税率の引上げの場合に実施を予定している住宅ローン減税等の税制措置及び給付措置について、国土交通省による説明会を開催するとともに問い合わせ窓口が設置されます。
■消費税率引上げに伴う住宅取得に係る対応の周知について
■説明会の開催について
2013年07月04日 - 「住宅メンテナンス診断士」講習会のご案内 
名古屋会場(第27回):平成25年8月29日(木) 09:25~18:00(満席)
東京会場(第28回):平成25年10月24日(木) 09:25~18:00
2013年06月20日 - 木造住宅等振興議員連盟:設立総会を開催 
6月19日(水) 木造住宅等振興議員連盟(略称:木議連)の設立総会を開催しました。
2013年06月09日 - 平成25年度「ホームビルダー住宅実務向上セミナー」のお知らせ 
『住宅意匠設計の基本』
日時:平成25年6月27日(木) 10:30~17:30
会場:建築技術支援協会会議室
募集:10名   受講料:5,000円
 2013年04月01日 - 一般社団法人移行のお知らせ 
当連合会は、公益法人制度改革に基づき内閣総理大臣の認可を得て、4月1日付にて「一般社団法人 全国中小建築工事業団体連合会」に移行しました。